ネステナーとはいったいどんなもの?気になるネステナーの正体とは

ネステナーとは?

「ネステナー」という言葉を聞いて、何を意味するものなのか、全く分からない人もきっと多いことでしょう。

ネステナーとは、一言でいうと「棚」です。

ですが、一般家庭で見かけるような棚ではありません。

倉庫や工場などで使用される、スチール製の棚であり、その姿を見れば

「見たことがある!」

と思う人もたくさんいるはずです。

商品や部品など、様々な荷物を保管する際に利用されます。

ネステナーの呼び名

ネステナーには複数の呼び名があります。

製造しているメーカーさんや使用している業者さんによっても、その呼び名にはいくつかの種類があり、その代表的なものが下記のような呼び名です。

  • ネスティングラック
  • ネスラック
  • スタックテナー
  • テナー

いずれも「nest(巣)という意味に由来しています。

ネステナーの種類

ネステナーと一言で言っても、実はいろいろな種類のネステナーが存在しています。

どれもパレットとセットとして利用されますが、中でも下記のようなものが、一般的によく利用されているネステナーです。

正ネステナー

荷物を置く格子状の面が、下部に設置されているタイプです。

そのままフォークリフトで簡単に運ぶことができます。

一般的に使用されることが多いタイプのネステナーです。

逆ネステナー

その名の通り、正ネステナーの反対で格子状の面が上部に設置されています。

上部に荷物を載せる格子状の面があるので、2段積みが可能となり、効率よく荷物を保管することができます。

ですがその反面、下段のネステナーは直置きとなるので、簡単に移動させることができません。

その他のネステナー

正ネステナーと逆ネステナーのほかにも、パレットが上下左右のどちらにも設置できるフレームがついたタイプのものもあります。

荷物を置く格子状の面が、上下どちらにでも自由に設置できるネステナーもあり、便利です。

準拠>>ネステナーラック・逆ネステナーラックとは? | 倉庫お役立ちコラム_三栄マテハン

ネステナー初心者向けの情報のまとめ
タイトルとURLをコピーしました