ネステナーとパレットラックはどのように異なっているのでしょうか?

物流や倉庫の現場において大活躍してるネステナーとパレットラックですが、どのように差異があるのかご存知でしょうか。

両方とも倉庫などにおいて保管効率を上げるために使用されており、利便性の高いラックである点では共通しています。

まずはパレットラックからご説明しましょう。

パレットラックはパレットと呼ばれる部位とセットで使います。

固定ラック式になっており、耐久性が高い特徴があります。

設置の際には工事が必要で、長期間使用するための棚、として重宝されています。

ネステナーより大きく間隔の高さを変更することが出来ます。

一方のネステナーはどうでしょうか。

ネステナーはパレット1枚分が平面状の大きさとなっています。

未使用時の保管能力に優れており、設置工事が不要です。

間隔の高さは変更できないですが、重ねて保管することが出来ます。

ネステナーは不要時に片付けることが出来て、フォークリフトでの移動が簡単に行えるラックです。

レイアウトの変更も容易、かつ工事が不要な点で簡易性の高いラックと言えるでしょう。

このように類似性のあるネステナーとパレットラックですが、実は使用用途や設置方法に大きな差異があります。

倉庫をどのように運営するか、短期的使用か長期的使用か、どのような物を収納するかなどに合わせて使い分けると良いでしょう。

また、設置にかかるコストも両者においては差異があります。

簡易性の高いネステナーは設置工事が不要という面から費用が安価に設置できます。

タイトルとURLをコピーしました